僕が転売から撤退した理由【BUYMA編】

目安時間:約 9分

昨日、5年ぶりに再開した、このブログ。

 

今日から何回かにわたって、
僕が実践してきたネットビジネスについて
詳しく紹介したいと思います。

 

なぜ僕は失敗したのか?

もしくは、撤退したのか?

 

ネットで稼ぎたいという人には、
きっと参考になると思います。

 

ということで、今回取り上げるのは「転売」です。

さんざんネットビジネスをやってきた中で、
もっとも稼げて長続きした方法です。

 

しかし、前回も書きましたが、
今や月5万円足らずというじり貧状態です。

 

転売はそれなりの経験とノウハウがあるので、
これを立て直すというのが、稼ぐ最短の道かもしれません。

 

でも……
転売はもうやりたくない!

それが今の正直な気持ちです。

 

転売の欠点と盲点

転売というのは、とにかくシンプルなネットビジネスモデルです。

安く仕入れて高く売る

 

これだけです。

 

売れる商品という条件は付きますが、
誰でも簡単に参入できて成果も早く出ます。

 

しかし、多くの人が勘違いしているのは、
決して楽ではないということ。

 

理由は……

 

  • ライバルが多い
  • 資金繰りが大変
  • 返品・クレーム対応が面倒

 

他にも、売れ残り在庫の問題や
売れる商品リサーチの大変さ
といった問題もあります。

 

これは物販をやる人にとっては、
永遠につきまとう課題であり、悩みです。

 

稼げるようになればなるほど、
この問題は大きくなります。

 

僕が転売を見限った理由はここにありました。

 

もちろん、こうした欠点を補うやり方もあります。

 

たとえば、無在庫販売。

 

これは売れてから仕入れるという方法です。
有名なのは、BUYMA。

 

https://www.buyma.com/

 

BUYMAは主に人気の海外ブランド品を出品できるサイト。

 

個人でも初心者でも簡単に始められ、
大半の出品者は無在庫販売です。

 

僕も7〜8年前までやっていました。

BUYMAで僕が稼いだ方法

BUYMAを始める際、一番面倒なのは、出品作業です。

 

ブランド好きな女性であれば、楽しんでやれるでしょうが、
ブランド品にまったく興味がない中年男には苦痛そのものです。

 

そこで、僕が取った手法が外注化です。

 

当時、@SOHOというサイトで、出品作業をしてくれる人を募集。
運良くいい人が見つかりました。

 

作業料金は1出品30円

 

1ヶ月に300商品登録してもらっても9000円。

もう最高の条件でしたね(笑

 

やることは100文字程度の商品説明文と画像のキャプチャー。
外注さんにはサイトのアクセス権を与えました。

 

BUYMAは無在庫販売で出品数無制限です。
僕がやったのは、ターゲットのブランドを決めるだけ。

 

外注さんには、
そのブランドの公式ショップに掲載されている商品を
根こそぎ出品してもらいます。

 

公式ショップで買えば、偽物をつかまされる心配はありません。

値付けも外注さんにおまかせ。

 

仕入れ価格に輸送料、手数料などの経費を加え、
価格を決めてもらいます。

 

仮に出品価格は仕入れ総費用の1.5倍と決めたとします。

 

たとえば、仕入れから購入者の配送、BUYMAへの手数料が
総額で3万円かかったとします。

 

すると、出品価格は4万5000円。

 

売れれば、1万5000円の儲けになるのです。

 

この方法であれば、僕はほとんど何もやる必要がありません。

売れたら、その商品を仕入れ、購入者に発送するだけ。

やることはたったこれだけ。

 

この方法で毎月15万円くらい稼げるようになりました。

 

楽勝じゃん!

と、当時は思っていました。

 

BUYMAで稼げなくなった理由

しかし、好事魔多し。
円安が一気にやってきます。

 

1ドル70円台だったのが、110円台に上昇。
こうなると、利益が出るどころか、赤字になってしまいます。

 

膨大な数の商品の出品価格を1個1個変更するのは、
気の遠くなるような作業です。

 

さらに、BUYMAは海外在住の出品者が結構います。

彼らは現地買い付けで、値段では対抗できないのです。

 

しかも、
問題はこれだけではありませんでした。

 

ブランド品って思いのほか、在庫切れが多いんですね。
在庫はあっても、購入者の希望サイズがないとか。

 

そうなると、せっかく売れたのに、
購入者にキャンセル連絡するしかありません。

これは、本当にストレスがたまりました。

 

結局その後、外注さんの妊娠・出産で
作業をやってもらえなくなり、
BUYMAから撤退することになったのです。

まとめ

僕はBUYMAをやっていませんが、

ブランド好きの人にはおすすめかもしれません。

 

色んな商品を見ているだけでも楽しいという人は、

実践してみる価値はあると思います。

 

今は円安で儲けを取りにくいかもしれませんが、

それはライバルも同じです。

 

しかも、BUYMAで無在庫販売をやれば、

リスクはほぼゼロです。

 

公式ショップからさえ仕入れれば、トラブルが起きることもほぼありません。

 

実際、僕がやっていたときのバイヤー評価は95%以上が高評価。

低評価だったのは、「到着が遅かった」という理由くらいでした。

 

BUYMAに興味を持たれた方は以下の無料レポートが参考になります。

 

【BUYMA総合ランク6位のバイヤーが語る】BUYMA輸入ビジネス-Put in a ZONE-資金ゼロ。知識もスキルも無い状況から最速で月利30万円以上稼ぐための全手法』

 

【女性が教える】月5万稼ぐ為の「BUYMAマニュアル最新版」

 

もう少し詳しく知りたいという方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

ということで、
長くなったので、今日はここまで。

 

次回も僕がやってきた別の「転売」手法について、
ご紹介したいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
検索
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール