僕が転売から撤退した理由(4)【Amazonコスプレ転売編】

目安時間:約 5分

転売シリーズ4回目。

 

今日は「Amazonコスプレ転売」です。

 

これは中国の通販サイトから

コスプレグッズを輸入して、Amazonで転売する手法。

 

コスプレ転売は結構長くやっていて、

かなりの利益をもたらしてくれました。

 

Amazonコスプレ転売の実例

まず具体的な例をご紹介しましょう。

 

まずはAmazonで売られているこの商品をご覧下さい。

 

 

販売価格は7,800円。

これと同じものを「タオバオ」という中国の通販サイトで探します。

 

すると、見つかりました。

 

1元は16円なので、
仕入れ価格は2,528円

 

Amazonとの価格差は5,272円

 

タオバオは日本から個人では購入できないので、
輸入代行会社を通す必要があります。

で、その手数料を多めに見積もって仮に1,000円とします。

それでも4,000円以上の儲けになります。

 

これがAmazonコスプレ販売です。

 

しかも、無在庫販売にして、

注文が入ってから仕入れれば、リスクはほぼありません。

 

ちなみに、商品のリサーチ法は前回の記事で紹介した方法でOKです。

最近はリサーチツールも売られていて、簡単に商品を見つけることもできます。

 

こうしたやり方で、僕は稼いできました。

最盛期はコスプレ商品だけで、月15万円くらいの利益がありました。

 

僕がAmazonコスプレ転売を止めた理由

Amazonコスプレ転売を止めた理由は、

著作権の問題でした。

 

アニメの画像を使ってはいませんが、

「銀魂 ぎんたま 衣装 月詠(つくよ)」という

表記が厳密に言えば、問題にされる可能性があったからです。

 

これらのコスプレグッズはAmazonでは、

何年も売られているので、大丈夫な可能性は高いですが、

この先何が起きるかわかりません。

 

で、儲けは出たけど、止めたというワケです。

 

ただ、コスプレグッズは需要があるので、

やってみたい方は自己責任でどうぞ。

 

まとめ

今回は「Amazonコスプレ転売」についてご紹介しました。

 

今はAmazonの中国輸入は、

ノーブランドの役立ちグッズが主流です。

 

これらの商品に独自のロゴをプリントして、

オリジナル商品として販売している人が稼いでいます。

 

Amazonの中国輸入転売は、

ノーブランドだと、簡単にライバルが参入できるという欠点があり、

売れる商品とわかれば、激烈な値下げ競争となります。

 

そこで、オリジナル商品化することで、

ライバルを排除し、独占的に販売しようというわけです。

 

この手法を実践している業者の中には、

月に500万円以上稼ぐ者もいます。

 

しかも、AmazonにはFBAというサービスがあります。

 

これはAmazonの倉庫に商品を預けておけば、

売れればAmazonが配送してくれるというサービス。

 

これを使えば、やることは商品の在庫を補充するだけ。

あとは何もしないでも勝手に売れていきます。

 

これが現在のAmazon中国輸入転売の王道手法です。

 

ちなみに、僕はオリジナル商品いくつか持っていて、

今も細々ながらも安定して売れています。

 

利益で言えば、せいぜい月3〜5万円くらいですけどね。

 

僕は性に合わないので、先々は完全に足を洗う予定ですが、

本気で取り組めば、稼げる手法だと思います。

 

ということで、今回はAmazon中国輸入転売について紹介しました。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
検索
最近の投稿
カテゴリー
プロフィール